FX自動売買ソフト「revo」に注意!資金を失う前に読んでください。

みなさんは、「revo」というFX自動売買トレードロボットについての広告を見たことはありますか?

「revo」は知らなくても、もしかすると「SMASH」という自動売買ソフトについては聞いたことがある人もいるかもしれません。

SNSやYouTubeで、「revo」の広告を見て、興味をお持ちになった方は、一度この記事を読んでみましょう。

目次

FX自動売買ソフトrevoとは

自動売買ソフト「revo」とは、「毎日が給料日。だから日給10,000円」というキャッチコピーを掲げている、謎のFX自動売買トレードロボットです。

ときどき、YouTubeの広告でも流れているようです。

完全招待制というシステムをとっており、運営に、LINEで利用したい旨を伝え、運営からの承認が得られれば、revoでの運用が可能。といった流れになります。

利用したい人、みんなが利用できるわけではないようです。

しかし、運営側での判断基準などは一切明かされておらず、また、完全招待制というスーパークローズドな体制なので、「revo」についての情報は、残念ながら、ほとんど公開されていません。

キャッチコピーで謳われているように、なぜ「日給10,000円」も稼げるのかといった部分には言及されていないため、信憑性に欠けます。

他にも

・初月で20万円。1年で100万円

・平均月利が驚異の63%

などの謳い文句もありますが、詳しいテスト結果や、利用者の運用成績なども明かされておらず、正直あまり現実的ではない気もします。

なぜ、このような収益や勝率を出せるのかは、承認を受けられれば「秘密を大公開」するようです。

風間健太郎とは

YouTubeなどの広告リンクから、メールアドレスを登録すると、LINEで「風間健太郎」と名乗る人物と友達申請をしなければならないようです。

風間健太郎氏が、「revo」の開発者なのか、一体どういった人物なのか、誰も分からないどうです。

以前、「revo」とまったく同じシステムで出回っていた「SMASH」という自動売買ソフトがありました。

こちらでは「上原真琴」という人物を、LINE上で友達追加しなければならず、この「上原真琴」という人物は、架空の人物であったことが分かっています。

なので、今回の「風間健太郎」という人物も、架空の人物である恐れがあります。

FX自動売買ソフトSMASH

上でも述べたように、以前に「SMASH」という自動売買ソフトがありました。

こちらも、SNS、YouTube上の広告が有名になりました。

広告からランディングページへと誘い、メールアドレスを登録し、その後「上原真琴」をLINE@で友達追加をさせるというものでした。

「上原真琴」から、いくつかの動画が送られてくるのですが、内容は「SMASH」のロジックや使い方についてではありませんでした。

動画の内容は、30~40分にわたり「勝率にこだわってはいけない」や「FXは負け方が重要」といった、投資哲学のような内容が長々と再生されるものでした。

まるで、負けを正当化するための洗脳教材のような内容です。

その後、運営の人と対面か電話でヒアリングを行い、「SMASH」を使うに相応しいか判断されます。

このときに、自動売買ソフト「SMASH」の価格を聞かされ、購入するか否かの選択を迫られるようです。

これは「バックエンド」という手法で、入り口は無料だが、出口は有料といった商法です。

はじめに、動画や文章で興味を持たせ、もしも「SMASH」を使ってみたかったら購入してください。ということです。

「SMASH」の価格は、30万円前後ですが、購入者のあいだでも「25~35万円」というように価格に差があります。

あくまで推測になりますが、運営とのヒアリング時に、「いくらまで出せるか?」「貯金はいくらあるのか?」のようなことを聞かれるのではないかと思います。

SMASHの評判

「SMASH」の自動売買プログラムは、「ドル円5分足」、「スキャルピングで10回以上の利益確定」、「両建て」というパターンが組み込まれています。

しかし「両建て」すると、買いポジションと売りポジションの両方を保有することになります。

FXを十分理解している上級者が戦略の1つとして用いる手段ですが、おおよそ、「SMASH」に手を出す人は、FXの知識のない素人や初心者がほとんどでしょう。

さらに「スキャルピングで10回以上の利益確定」で大きく稼ぐには、それなりの証拠金が必要になりますし、「ドル円5分足」のボラティリティで、毎日10,000円の利益を出すのにも、大きな証拠金が必要になります。

それを考えると、非常にリスクが高く、このシステムで「日給10,000円」近く稼ぐのは無理があるように感じます。

多くのサイトやブログでも、「使えない」「稼げない」といった口コミや評判が多く存在します。

FX自動売買ソフトrevoの口コミ・評判

さて、FX自動売買ソフト「revo」についてですが、すでに多くのサイト、ブログでも「怪しい」という意見が多いようです。

その要因が「SMASH」の焼き直しだということでしょう。

「SMASH」は「株式会社ライズ」という会社から提供されていましたが、「revo」を提供している会社も同じく「株式会社ライズ」です。

「SMASH」の悪評が増えてしまったために、名前を変えているだけで、中身は同じものであることは間違いないでしょう。

yahoo掲示板に、「revo」のことを評価しているコメントが、いくつか存在するのですが、良い評価をコメントしたユーザーを調べてみると、コメントを書き込む直前に新規登録しているなど、自作自演で評価を上げている疑いもあります。

特定商取引法

特定商取引法とは、簡単に言えば、「消費者を守るための法律」です。

商品の販売や、サービスを提供する場合、会社名や連絡先など、必要な項目を記載する義務があります。

とくに、ネット上で商品を販売する場合、お客さんは実物を目にして購入を決めているわけではないので、しっかりとした特商法を記載していないと、トラブルになりやすいのです。

それでは、「株式会社ライズ」の特商法を見てみましょう。

株式会社ライズの特商法

販売事業者名 株式会社ライズ
設立年月 2019年9月
運営責任者 記載なし
住所 東京都中央区八重洲一丁目8番17号
メールアドレス rise.contact01@gmail.com
販売価格 商品紹介ページをご参照ください

上記の特商法で問題になっている部分を見てみましょう。

・責任者の名前が記載されていない

・住所がレンタルオフィス

・メールアドレスが無料で取得できるg-mail

これだけで、少し怪しい会社であることがお分かりいただけると思います。

「販売価格」の項目で、「商品紹介ページをご参照ください」と記載されているにも関わらず、商品紹介ページはどこにも見当たりません。

その上で、ヒアリングと称した電話販売をおこなうので、電話口で初めて「revo」の価格を聞かされることになります。

仮に「revo」が無料のツールならば、上記の特商法でも問題ありません。

しかし「販売価格」と書いてあることから、「revo」は有料だということでしょう。

商品が有料であるのに、責任者の名前が不明という場合、法律違反をしていることになります。

まとめ

以上の観点から、FX自動売買ソフト「revo」の使用はオススメできません。

毎日、日給10,000円など謳っているのも、甘い言葉に誘われてきた素人を喰い物にする文言に過ぎません。

いまや、無料でEAを提供しても、アフィリエイトがつくので、たくさんダウンロードされるだけ稼ぎになります。

それを、わざわざ完全招待制にして、限られた人数だけに配布する意味がありません。

今回の「revo」以外にも、悪質な商材はたくさんあります。

そこで、みなさんに注意してほしいのは、「手法やツールで稼ぐ人」と「手法やツールを販売して稼ぐ人」の2種類の人間がいるということです。

後者の人たちは、販売することで生計を立てているので、多少強引なやり方でも手法やツールを売ろうとしてきます。

そこに気付けることで、悪質な商材なのか、優良な商材かを見極めることができると思います。

ほぼ毎日FX自動売買実績ツイート中!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる